産後の悪露について注意すべきこと

産後、子宮内の不必要になった組織が血液とともに排出されるものを悪露と言います。悪露は生理に似ており、出産直後に一番量が多く、徐々に減っていくのが一般的です。子宮収縮が正常に働いていれば産後一ヶ月程度で終息します。しかし、産後十分に休息できず、必要以上に体を動かしてしまうと悪露が1ヶ月以上続いたり、うまく排出できずに子宮内に溜まってしまい、溜まった血液を掻き出す処置をしなければならない場合もあり、注意が必要です。また、悪露については個人差があるので余り出なかった人もいれば、大量に出血する人もいます。徐々に排出される血液の量が減っていけばよいですが、急に大量に出た場合や大きなレバーのような血の塊が出た場合は、子宮で何らかの異常が発生している場合がありますので、産婦人科を受診することをお勧めします。

妊娠、出産、そして産後の悪露について。

女性であれば、お腹に子を授かる体でありますから、それに備えておく必要があります。しかし、最近では結婚しない男女は多く、晩婚化しつつあると言います。結婚後は、子を授かるという意識が強くなるでしょうけれども、命を扱うことになりますから、それをよく把握した上で考えることが大事になるでしょう。住環境や周囲の協力も整えることも重要です。また、タバコを吸っているかたはやめましょう。他にも、肥満体質のかたは、痩せて標準体重にしておくほうが、妊娠に適した体型になります。妊娠に適した体型は、あり、以上の標準体重であること、低身長でないこと、心身ともに健康であることがあげられます。妊娠、出産、産後となり、産後は、子宮内から出血します。出産したあとは、必ず誰しも出血します。悪露と言われています。悪露についても知っておく必要があるので、産婦人科でしっかり教えてもらうことが重要です。

産後の悪露について知っておく

産後も気をゆるめすぎてはいけません。すぐには体調が戻らないからです。安静を最優先させるようにしましょう。また、悪露についても知っておくべきです。1ヶ月ちょっと経てば悪露はなくなると思っている人が多いですが、そうとは限りません。確かに、赤色悪露も時間の経過とともに白いおりものに変化します。色が赤からだんだん薄くなっていけば、子宮は順調に回復しているわけです。しかし、産後1ヶ月をすぎても、血性の悪露が続くことがあります。腹痛が伴うことも少なくありません。その場合は、子宮復古不全である可能性が高いです。子宮復古不全は、細菌感染が原因であることが多く、病院で治療してもらわなければいけません。なので、悪露の状態はしっかりチェックしましょう。血だけでなく、臭いに異常がある場合も、すぐに受診が必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

エラー: si-captcha.phpプラグインによると、PHPにGD image supportが見当たりません!

PHPにGD image supportが有効になっていない理由については、サーバ管理者にお問合せください。

エラー: si-captcha.phpプラグインによると、PHPにimagepng機能が見当たりません!

PHPにimagepng機能が有効になっていない理由については、サーバ管理者にお問合せください。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)