産後の悪露について注意もあります

産後の悪露について、注意をしなければいけない人もいます。大体の人は1か月を目安に悪露は終わります。4週目には悪露も出なくなり、生理のときのような血の匂いも消えます。ですが中には悪露が長く続く人もいます。時間がたっても鮮血が出るようだったり、子宮が痛かったりする人は一度産婦人科を受診したほうがいいでしょう。子宮復古不全や感染症にかかっている可能性があります。早めに病院の先生に診て対処してもらいましょう。悪露を早く終わらせるためにも母親の休息は必要です。産後は自分が感じているよりもはるかに体は疲れています。ゆっくりと休息を取って体力を回復させることが大切です。体力が戻ってくると悪露も早く終わります。あとは母乳を赤ちゃんにあげることがいいとされています。子宮が収縮するので、悪露を排泄してくれる効果があります。

産後悪露について考えました

産後、悪露について驚く人が多いです。悪露とは出産後に見られる出血です。胎盤の残りや卵膜、血液などが含まれています。生理のような鮮血です。血生臭い匂いがします。1日目は悪露も大量です。入院中にだんだんと量が少なくなってきます。色も赤から茶色、黄色、透明と変わり、1か月程度でおさまります。悪露の対策として、産褥ショーツ、産褥パッド、清浄綿があります。産褥ショーツは股の部分が開くショーツで、入院中に看護師の処置をしやすくします。産褥パッドは生理用ナプキンに似ていますが、より分厚くなっています。多めに用意しておきます。悪露が落ち着いて来たら、生理用ナプキンでも良いでしょう。清浄綿はトイレの度に悪露を拭き取るのに使います。清浄綿が会陰切開の傷にしみて痛い場合はビデやシャワーで流すなどして清潔にします。1か月たってもおさまらない、匂いや量がいつもと異なる場合は婦人科を受診します。

産後の悪露について特別な対処がいるか

成人の女性であれば閉経まで毎月のように生理があります。生理は妊娠の準備ができている状態です。ずっと妊娠ができるわけではなく、適度に交換がされます。その時には血液が出ることがあります。しばらくは痛みが発生することもあるでしょう。産後の悪露についてどのようなものかです。妊娠中に子供を成長させるための胎盤などが形成されていました。それが必要なくなったことで出てくる現象です。ですから状態としては生理とよく似ています。ただし生理よりも量が多く、時間も長くなることがあります。生理でもあまり長くかかるようなときは特別な措置が必要なことがありますが、それ以外の時は特に何もする必要はありません。悪露も誰でも起きることで、しばらくしていれば収まります。事前に発生することを知っていればびっくりすることはありませんが、知らずに起こると病気だと感じるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

エラー: si-captcha.phpプラグインによると、PHPにGD image supportが見当たりません!

PHPにGD image supportが有効になっていない理由については、サーバ管理者にお問合せください。

エラー: si-captcha.phpプラグインによると、PHPにimagepng機能が見当たりません!

PHPにimagepng機能が有効になっていない理由については、サーバ管理者にお問合せください。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)