産後の悪露について書きます

産後の悪露について、事前に出産前に産婦人科で色々と教えてくれるでしょう。また自分でも出産後の体のことについて勉強しておいたほうがいいでしょう。悪露は必ず出ます。特に病院に入院中はとても多く出るでしょう。だから入院中は大きめのショーツを履くようにしましょう。産後用のショーツが売っています。とても大きいのでびっくりしますが、それぐらい大きいほうが安心です。悪露はたくさん出るのでシーツが汚れてしまう可能性もあります。それを少しでも防ぐために、ショーツは大きめのものを履きましょう。産婦人科で悪露用の大きなナプキンをもらえます。それを入院中は使いましょう。普通の生理用ナプキンよりも大きくて分厚いです。だから大量の悪露が出てもそれをしっかりと受け止めてくれます。悪露が多いとデリケートゾーンもかぶれてしまう人がいます。ケアをしましょう。

産後の悪露について。

出産が済んだ後に出血が見られますがこれは産後の悪露と呼ばれるもので正常な状態です。その悪露についてまとめてみました。悪露の量が最も多いのは出産後1~2時間でこの時間帯は褥婦の状態が変化しやすく急変すると命に関わる事にもなりかねないので、殆どの場合分娩室で助産師らと共に過ごしています。助産師はバイタルチェックを度々行いながら悪露交換をして悪露の量や性状を観察して全身状態の管理を行います。そして子宮の収縮が順調で全身状態が安定したら自室に戻ることになります。その後悪露は日が経つにつれ段々と量が少なくなっていき色も褐色へと変化していきます。しかし子宮の収縮が悪いといつまでも悪露が続くのでおかしいと思ったら受診しなければなりません。そして早く妊娠前の身体に戻して育児に専念できるよう努める事が大切です。

産後の悪露について、経過を書きます

産後の悪露については、必ず止まるときがきます。大量に出たり長く続いて不安になる人もいるかもしれませんが、いつか必ず終わるので安心しましょう。悪露は生理のときのような血のことです。悪露は胎盤の残りや卵膜、子宮内膜、産後残ってしまった血液やリンパ液など、実に色々なものが含まれています。普通は1ヶ月ほどで自然と収まってきます。出産から1週間はとても多くの悪露が出ますが、7日ほどすると落ち着いてきます。そして2週目になると匂いも落ち着いてきます。量ももっと減ってきます。3週目になると匂いはほとんどなくなっているでしょう。悪露自体もあまり出なくなる人も増えてきます。4週目ぐらいでほとんどの人の悪露は終わります。匂いもなくなります。やっと悪露から解放されて、精神的にも楽になるでしょう。これからは育児に専念しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

エラー: si-captcha.phpプラグインによると、PHPにGD image supportが見当たりません!

PHPにGD image supportが有効になっていない理由については、サーバ管理者にお問合せください。

エラー: si-captcha.phpプラグインによると、PHPにimagepng機能が見当たりません!

PHPにimagepng機能が有効になっていない理由については、サーバ管理者にお問合せください。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)