効率的な採用管理の方法について

会社の採用担当者にとって、新規採用に加えて中途採用が多い現状は、非常に厳しいものです。元来、採用は、新規採用への対応が主であり、中途採用は年に数件しかありませんでした。そのため採用業務も年に1回の新規採用中心に推進していましたが、最近では、中途採用が主になりつつあるのが実態です。そのため、一つの中途採用業務が終わらないうちに、次の中途採用業務が始まるといった具合ですから、それまでの採用基準や求人の募集方法を評価・検証することが十分にできていないのです。すると、雇用する社員のレベルに問題が出てくる可能性があり、会社にとっては非常に大きなダメージとなるのです。こういった事態を避けるため、各会社では採用管理の効率的な方法を模索しており、システム導入もその一つの方法なのです。

採用管理システムにより効率的な募集活動を行うために

採用管理を効率的に進めていくためには、各部署で必要な人材を的確に雇用することです。そこで、システムでは、採用に関するデータベースを社内クラウドに構築し、閲覧内容を制限することを条件に、各部署で閲覧することが可能です。したがって、各部署において、必要な人材の経歴やスキルなどの条件を入力可能とすることで、タイムリーに人事担当者に要望を伝えることができます。人事担当者としても、各部署の要望を一つひとつ取りまとめる手間が省けますし、別々の部署から同じスキルをもった社員の募集を求められた場合、効率的に募集業務を行うことができます。また、各部署から、システムを通じて、採用した人材の入社後の働きを集めることができますので、今後の採用業務に活かすことができます。

効率的な内定通知の発送方法について

選考結果が出た時点で、採用担当者は、本人に内定通知を行います。従来であれば、手作業であった工程も、システムを導入することにより、業務の効率化を図ることができます。システムでは、面接結果が入力されたと同時に、自動的に合格者本人に、メールでその旨を伝えますから。発想の遅延や漏れを最大限、防止することができるようになります。特に内定通知の遅れは、優秀な人材を競合他社に流出してしまう可能性があります。したがって、迅速に、選考結果を伝えることが極めて重要であり、システムの肝といえる部分でもあるのです。このように採用業務のシステム化は、単にデータを集積するだけでなく、データを分析することが可能ですので、今後の採用業務に活かせることが大きなメリットなのです。

アルバイト・パート採用管理システム「リクオプ」。 さらには、応募者対応が行われていない際のアラートメール、進捗ステータス表示、面接カレンダーなどの応募者対応便利機能も標準実装。店舗向けに、管理画面はスマートフォン対応もしています。 採用管理でコストダウン&業務効率化